スキップサービスを便利に使って楽しい空の旅を!

スキップサービス・ヘヴィユーザーの生の声!

ANA,ANAスキップサービス,ANAマイレージクラブカード,Edy,Felica,JALタッチアンドゴー

月に2~3度の頻度で飛行機を利用しているHさんからお話を伺ってきました。
スキップサービスのメリット、デメリットなど貴重なお話を教えてもらえました。

それでは次は実際にスキップサービスを利用した人に、
お話を伺ってきましたのでご紹介したいと思います。

生の声を聞くことでよりスキップサービスを身近なものに感じるかと思います。

まず最初に会員利用の方のお話、次に一般利用の私のお話です。

Q:スキップサービスを実際にお使いになっていらっしゃいますが、
  どういった活用をされて、どのような流れで飛行機に乗っているのか教えて下さい。

A:会社の出張が多いこともありその関係でスキップサービスをよく利用していますね。
  具体的には、チケットをインターネットでまず予約します。
  その時に二次元バーコードを取得しますか?というのが画面案内が出るので、
  その二次元バーコードをプリントアウトして空港に持っていけばいいのですが、
  私の場合は、その作業が面倒なので、ANAを利用する機会も多いので、
  ANAマイレージクラブに入会しているんですね。
  それで、マイレージクラブに入会していると、インターネットでチケットを予約する時に、
  自分専用のログイン画面になるんですね。
  で、その時に二次元バーコードを取得しますかって、案内が出てくるんですね。
  で、先ほども話したようにプリントアウトするのが面倒なので、
  インターネットでは、チケットの予約だけしています。
  それで、同時に私は、ANAモバイルって携帯サイトにも登録していまして、
  その携帯サイトがパソコンのサイトとリンクしている感じなので、
  チケットの予約を申し込むと、携帯の方にも情報が同時に入るんですよ。

※チケット購入後に「携帯メールに案内希望」というのがあり、
 随時確認メールが来るので、とても便利です。

  それで実際に空港に行く直前位に、携帯サイトで二次元バーコードを取得しますか
  みたいなのがあるので、それを取得して保存しておいて、空港に着いたら、
  携帯の画面に、二次元バーコードを表示させておいて、私はほとんど預ける荷物がないので、
  そのまま、カウンター通り越して、荷物検査場に行って改札みたいな機械に、
  画面に表示させておいた二次元バーコードをかざすと、ぴろ~んって音がすると、
  搭乗口案内みたいな紙が出てくるので、それを持って登場口に行きます。
  それで待合ゲートみたいなところで出発時間まで、暇をつぶして、
  時間になったらまた搭乗口の改札みたいなところに、二次元バーコードをかざすと
  またぴろ~んって音がして座席案内の紙が出てくるので、それを持って、飛行機に乗ります。

Q:スキップサービスは便利だなと感じることはどんなことですか?

A:荷物検査場を通る時に、スキップ優先レーンがあるんで、
  混んでいたり、旅行客がたくさんいて並んでいる時は、
  優先レーンから行けるので、それはすごくいいですね。


  
Q:それではデメリットみたいなものは何か感じたことはありますか。

A:デメリットというほどのものではないのですけど、今度全面的にスキップサービスに
  なってしまうみたいなので、皆一緒になってしまうのが私的には嫌ですね(笑)
  慣れていない人とかが混乱してしまって多分渋滞しちゃうと思うんですよね(笑)
  なので、皆も早く使えるようになって欲しいですよね。渋滞しちゃうんで。
  せっかく今は自分だけが早く行けるのに、渋滞したら嫌ですね。

  あとは要望として、荷物預けてもスキップサービスが使えるようになったらいいですね。

Q:今現在、○○さんから見てスキップサービスの利用率ってどのくらいですか?

A:そうですねー。10人いたら1人か2人位じゃないですかね。
  


Q:ANAマイレージクラブに入会しているということですが、マイルはけっこう貯まりますか?

A:あれ、Edyも付いてくるんですよね。私はEdyは使ったことないですけど。
  それで私の場合、出張で月に1~2回空港を利用しているので結構マイルが貯まりますけど、 
  普通の人はよほどのことが無い限り貯まらないですよね。
  月に1回くらいそこそこの長距離を利用したら、往復で1,000マイル位貯まるんですね。
  それで、マイレージクラブはこの期間からこの期間の間に何回乗ったら、何千マイルプレゼント
  みたいなキャンペーンを時々やっていて、これでドカンと貯まりますね。
  15,000マイル貯まると1往復できるんでこれが結構使えますね。
  なのでたくさん飛行機に乗る人はマイレージクラブに入っていた方がいいですよね。
  でも、一般の人はそんなに利用しないし微妙ですね。

  私の場合は新幹線を利用するという手段もありますが、あえてマイルを貯めたいので、
  飛行機しか利用しないですね。


と、いうわけで、利用者ならではのかなり細かいことまでお話をしていただけて、
とても参考になりました。

特にこれから前面スキップサービスになることで、逆に渋滞してしまって、
不便になるのではないかと危惧していましたが、
先ほどのANAの方へのインタビューでもお話いただけたように、
しっかりと、対処方があるので馴れていない人も安心ですね。


○○さんは、ANA会員なので、特に二次元バーコードを取得せずに、
ANAマイレージクラブカードを、ICリーダーに読み込ませればいいのですが、
カードをカード入れから出すのが面倒なので、あえて携帯から二次元バーコードを取得
しているそうです。


様々な選択ができて便利なのですが、その反面、混乱を招きそうな気もします。

飛行機馴れしている○○さんはインタビュー後に、
「便利は便利だが、スキップといってもそんなに時間を短縮できたとは思わない」
という話もしていました。

これよりさらに搭乗時間を短縮させるには、プラチナ会員になる方法があるみたいですね。

続いて、一般利用の人の声です。