スキップサービスを便利に使って楽しい空の旅を!

スキップサービス・初心者(私です!)の体験話。

ANA,ANAスキップサービス,ANAマイレージクラブカード,Edy,Felica,JALタッチアンドゴー

私はスキップサービスを一般利用で体験してきました。
初心者の生の声としてご参考になれば幸いです。

私がスキップサービスを利用したときはANA会員ではなかったので、(現在は会員ですが)
パソコンから二次元バーコードを取得しました。

パソコンでチケットを予約するのや、飛行機自体も不慣れで大丈夫かな?
と、思っていましたが、全く問題なかったです。

空港のスキップサービス専用レーン前で、キョロキョロしていたらスタッフの方から声を掛けていただき、
とてもスムーズに利用できました。

その辺りはサスガ!と思わせる親切な対応です。

出発の1時間前に空港に着いたのですが、利用したのが日曜日の昼間で、
空港もそこそこ空いていたということもあり、あっとい間に搭乗ゲートに進み(その間5分位でしたね)、
時間を持て余したくらいでした。

登場口で出発を待っている間、隣に座っていたお婆さんが「初めて飛行機を利用するので、
とても不安です」話されていました。
何度もチケットを確認して(スキップサービスは利用しなかったみたいです)
何度もスタッフの人に確認していました。それでもスタッフの方はとても親切に対応していましたね。

そのおばあちゃんも無事、搭乗を済ませて、「乗る前は不安だったけど、経験してみたら簡単ですね」
と、少しウキウキした感じで私もなんか嬉しくなっちゃいました(笑)

電車の乗り方と対して変わらないんですよね。
荷物検査があるくらいで(笑)

私の感想としては、「簡単で便利」だと思います。
もっと小難しいものを想像していただけに、あっけなかったです。
逆にこれから飛行機をどんどん利用したいなとも思いました。


それではなぜ、ANAはスキップサービスの導入に踏み切ったのでしょうか。

次のページではスキップサービス誕生秘話をお届けします。