スキップサービスを便利に使って楽しい空の旅を!

JALとANAのマイル顧客獲得戦争!

JALは27日、航空機に搭乗すると航空券などに交換できる「マイル」がたまる、
「マイレージプログラム」について、有効期限の延長や航空券への引き換え弾力化などの、
サービスを来年4月に刷新すると発表しました。

ANAもすでに刷新する方針を打ち出しています。

両社は、使い勝手を良くして、いかに顧客を取り込むかでの競争が激しくなってきています。

今回の刷新では、搭乗日の翌々年の年末としていたマイルの有効期限を36カ月に延長。
これまで全国一律1万5000マイルだった国内線航空券への交換基準も、
一部路線を除いて引き下げています。

東京-石垣など離島行きの長距離路線は2万マイルに引き上げる半面、
新幹線との競合が厳しい東京-大阪などの近距離路線は1万2000マイルに基準を引き下げました。
近距離路線は、年間約160日のキャンペーン期間中には、さらに交換基準を引き下げるそうです。

また、上顧客を対象にマイル交換対象の座席が満席の場合でも通常座席に空席があれば、
2倍のマイルで交換に応じるサービスも開始する模様です。

来年4月に見直す全日空は、日航のようにキャンペーンを設定せず、
シーズンに応じて基準の引き下げを行います。

一方、両社はマイレージサービスの利便性向上につながる提携先拡大にも力を入れています。

日航はイオンと業務提携し、来年3月から提携カードを使えば、自社のマイレージとイオンの
電子マネー「WAON(ワオン)」を相互交換できるようになります。

全日空もセブン&アイ・ホールディングスと電子マネー「nanaco(ナナコ)」で提携しており、
全国に販売網を持つ流通大手2社の電子マネーの陣営づくりを巻き込んで、
日航と全日空が顧客獲得競争を繰り広げる構図です。

今後も両社の顧客獲得競争は激しさを増しそうです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000016-fsi-ind
(※参考:フジサンケイ・ビジネスアイ)

と、いうわけで各社は顧客獲得で大変ですが、
我々としてはサービス向上につながるのでとても嬉しいですね。