スキップサービスを便利に使って楽しい空の旅を!

最新航空ニュース

 ANAやJALの最新ニュースをお届けします。

JAL、国内線の新搭乗スタイル「QuiC(クイック)」が始まります!

JALで、ICカード(またIC機能付携帯電話)を利用する、「タッチ&ゴー」(JAL ICチェックインサービス)が、2008年2月19日より、搭乗用バーコード(2次元バーコード)の利用でも可能となります。

2次元バーコードが導入されるということは、今までのJALマイレージバンク、ICカード会員の人以外
でも利用できることになるということですね。


「JAL ICチェックインサービス」という名前は廃止になり、
「JAL タッチ&ゴーサービス」に正式に名称変更されました。

コンセプトは「Quick」だそうです。

http://press.jal.co.jp/ja/release/200712/000803.html
(参考:JALホームページ)


これは大きいニュースですね。
実質、ANAスキップサービスと同等になったといえます。

最近、ANAがSuicaと提携したニュースがありましたが
これから益々、顧客獲得戦争が激化しそうです。


ANAマイルとSuicaポイントの提携

ANAマイルとSuicaポイントの提携します!

ANAマイレージクラブと、JR東日本のSuicaポイントクラブポイントクラブの、
両方に入会している人が対象なのですが、
ANAのマイレージをSuicaへ交換できるようになります。

スタートは2008年2月からです。


両社は新たに、ANAカードとSKiP(スキップ)機能、ビューカードとSuica機能を全て備えた
提携カード「ANA Suica カード」(仮称)を発行する予定です。

募集は2008年秋よりの予定。

このカード1枚で、

「クレジットカード」、「電子マネー・IC乗車券(Suica)」、「ANA便への搭乗(SKiPサービス) 」
を利用できるようになります。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0712/06/news144.html(参考:Business Media 誠)


これは画期的なニュースですね!

ですがEdyは一体どうなってしまうのでしょうか。。。

ANAとJR東が業務提携!?

全日本空輸(ANA)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、
旅客サービス向上をねらった業務提携を検討しているそうです。

複数の関係筋が29日、ロイターに語った内容は、
電子チケットの相互利用や旅行商品の共同開発を軸に検討を進めており、
縮小する国内旅客需要を取り込みたい考えとのことです。
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-29101720071129?rpc=112
(※参考:ロイター通信)


これが実現されたら益々便利になっていいのですけどね。

JALとANAのマイル顧客獲得戦争!

JALは27日、航空機に搭乗すると航空券などに交換できる「マイル」がたまる、
「マイレージプログラム」について、有効期限の延長や航空券への引き換え弾力化などの、
サービスを来年4月に刷新すると発表しました。

ANAもすでに刷新する方針を打ち出しています。

両社は、使い勝手を良くして、いかに顧客を取り込むかでの競争が激しくなってきています。

今回の刷新では、搭乗日の翌々年の年末としていたマイルの有効期限を36カ月に延長。
これまで全国一律1万5000マイルだった国内線航空券への交換基準も、
一部路線を除いて引き下げています。

東京-石垣など離島行きの長距離路線は2万マイルに引き上げる半面、
新幹線との競合が厳しい東京-大阪などの近距離路線は1万2000マイルに基準を引き下げました。
近距離路線は、年間約160日のキャンペーン期間中には、さらに交換基準を引き下げるそうです。

また、上顧客を対象にマイル交換対象の座席が満席の場合でも通常座席に空席があれば、
2倍のマイルで交換に応じるサービスも開始する模様です。

来年4月に見直す全日空は、日航のようにキャンペーンを設定せず、
シーズンに応じて基準の引き下げを行います。

一方、両社はマイレージサービスの利便性向上につながる提携先拡大にも力を入れています。

日航はイオンと業務提携し、来年3月から提携カードを使えば、自社のマイレージとイオンの
電子マネー「WAON(ワオン)」を相互交換できるようになります。

全日空もセブン&アイ・ホールディングスと電子マネー「nanaco(ナナコ)」で提携しており、
全国に販売網を持つ流通大手2社の電子マネーの陣営づくりを巻き込んで、
日航と全日空が顧客獲得競争を繰り広げる構図です。

今後も両社の顧客獲得競争は激しさを増しそうです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000016-fsi-ind
(※参考:フジサンケイ・ビジネスアイ)

と、いうわけで各社は顧客獲得で大変ですが、
我々としてはサービス向上につながるのでとても嬉しいですね。

ANA運賃値上げを見送り

ANAは、燃油価格の上昇に応じて国際線の普通運賃に上乗せする、
燃油特別付加運賃の2008年1~3月分を据え置くことを決めたそうです。

今年度に入り、ANAすでに2回の値上げを実施しています。
直近では、今年10~12月分を300~1200円値上げしています。

燃油サーチャージは、燃料市況に連動。
ジェット燃料は1バレル110ドル台半ばにまで高騰していますが、
値上げは、好調な旅客数の伸びの頭打ちになるとみて値上げを見送りました。

燃油サーチャージについては、日本航空が2008年1月発券分から、
400~4000円値上げすると発表しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000934-san-bus_all
((※参考:Yahoo!ニュース)


原油高騰のあおりがこんなところまで!
いつになったら落ち着くのでしょうね。

 edit