スキップサービスを便利に使って楽しい空の旅を!

This page:スキップサービスを便利に使って楽しい空の旅を!TOP > 二次元バーコードとは?

二次元バーコードとは?

スキップサービスを利用するときに必要な二次元バーコードについて解説させていただきます。

二次元バーコードとは?

スキップサービスを利用するときに二次元バーコードを取得する必要があるのですが、
これはQRコードのことです。

二次元があるということは、一次元もあるのでは?
これがよく知られているバーコードのことです。

この従来のバーコードをさらに情報を読み取れるようにしたのが、
二次元バーコードです。

QRコードは二次元バーコードのひとつとなります。

バーコードがひとつの方向のみに情報を持つのに対して、
二次元バーコードは、横と縦の2方向に情報を持てるので、
バーコードの情報量の数10倍から数100倍になるそうです。


私達がよく目にするQRコードは株式会社デンソーが、1994年に発表したもので、
現在一番普及しているタイプの二次元バーコードです。

QRとは、Quick Response(クイックレスポンス)の頭文字を取ったものです。


QRコードに詰め込める情報量と目安として、

数字のみでしたら、最大7,089文字
英数字でしたら、最大4,296文字
漢字、全角カナでしたら、最大1,817文字

と、かなりの情報を格納できます。

マイクロQRコードといって、QRコードの小型版もあります。


そして、QRコードの一部に汚れや破損があっても、
読み取れて、360度どの方向からも読み取ることができるんです。


このQRコードはウインドウズで作成ソフトがあるので、
誰でも簡単に作成することができます。

商用利用したい時にもライセンス契約も不要です。

色は白黒以外にも、カラーでも作成できるのですが、
読み取りでエラーが出る可能性があるので白黒が無難みたいです。


これからは個人でも名刺にQRコードを入れる方が増えるでしょうね。

余談ですが、最近QRコードより多くの情報を記録できる
新暗号化コード「カラーID」というものが開発されました。

これは、QRコードよりも記録できる情報量が圧倒的に多くて、
画像や音声、動画など大量のデータを「カラーID」に収納できるんだそうです。

色を使うのでデザイン性を損なわずに、印刷やプリンタで出力できちゃうという、
優れモノだそうです!

これからはこのカラーIDが普及していきそうですね。

次のページはスキップサービス豆知識です!

 edit